「空間」を重要視する伝統的な 日本家屋の価値観を活かした 繊細なインテリアデザイン

スタジオタイプ、1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルーム、4ベッドルーム、そしてペントハウスからなる190戸の「雪ニセコ」は、ラグジュアリー建築に豊富な実績を持つSC Global社の手によって、ニセコにおける洗練やラグジュアリーといった表現に新たな意味をもたらしました。

インテリア

考え抜かれたインテリアデザインは、日本建築の特徴である 「空間」や「間」と、コンテンポラリースタイルな家具との 最適なバランスをとり、温もりとデザインを兼ね備えています。 機能性とデザインを両立する「障子」から発想を得た意匠を 随所に施した他、クローゼット付きの日本間は客間にも最適。

ニセコの四季の美しさを存分に堪能できるよう 分に活かすため、各戸には壁一面の全面窓があり 窓に沿ってデイベッドが置かれています。これは 日本家屋で外と内をつなぐ役割を持っていた 「縁側」から着想を得たくつろぎの空間です。

span-img
span-img

洗練の最高点

各アパートメントは洗練と繊細の最高点に ふさわしい設えになっています。

各アパートメントの特徴は;

  • 羊蹄山、アンヌプリ山、または雪コートヤードを一望する壁一面の窓
  • フローリングに調和する木素材を使用したキャビ ネット、スキーウェアクローゼット、およびロック式 オーナーストレージ
  • エアコン全室完備。リビングルーム、寝室及びバスルームにはフロアヒーティング完備
  • 洗練されたデザインのバスタブ付きエンスィートバスルーム
  • 洗濯乾燥機、冷蔵庫、レンジフード、コーヒーメーカー、Miele社のオーブン、コンロ、食洗機など最新の設備を備えたキッチン
  • テレビ、高速インターネット環境